金沢大学 > 理工学域 > 数物科学ホーム > 教育

数物科学類の特長

教育理念

自然科学の根幹を深く学び,複雑な自然現象の理解をめざす。

 数学,物理学は現代のあらゆる科学,特に自然科学の基礎をなす学問で,古くから互いに影響しあいながら発達してきました。また,計算機シミュレーションという新しい研究手法の確立によって,これまで困難とされていた複雑な自然現象の理解にも大きな進展がもたらされています。

急速に発達する21世紀型科学の進歩に貢献する。

 「数物科学類」では,急速に発達しつつある数学,物理学,計算科学を有機的に総合した教育と研究を行い,これらの学問および関連領域のさらなる発展に寄与するとともに,論理的思考力を生かして社会のさまざまな分野で活躍する人材を育てます。

教育プログラム


 数物科学類には,数学,物理,計算科学の3つのコースがあります。各コースでは定員を設けず、 2年進級時のコース選択では,学生が希望するコースに進むことができる経過選択制を完全に取り入れています。 従って,一年次の基礎教育では,3つのコースの全容が見えてくるよう最大限の工夫がされていて, 学生がより自分に合った進路選択ができるようになっています。2年次からの教育は,各コースごとの専門教育から成り立っています。 4年次には課題研究(卒業研究)があり,少人数ごとに研究グループに配属され,研究グループの指導教員の下で個別的な指導が行われます。 そこでは,自らの力で考え,計算し,実験を企画遂行し,研究発表も行います。学生は,所属コースに依らず, 数物科学類の研究グループすべてを所属の対象として希望することができます。

ページのトップへ