金沢大学 > 理工学域 > 数物科学ホーム > 履修システム

履修システム

数物科学類の履修システム


 1年次では数物科学類の学生として学び、2年進級時に各自が専門に学びたい コースに分かれる経過選択型の履修システムです。

 数学、物理学、計算科学の3コースが用意されており、いずれのコースも 標準受け入れ人数は設けておらず、各自の希望するコースを選ぶことが できます。1年次には主に「共通教育科目」として、数学・物理学の基礎を学ぶ とともに、人文社会系の科目も含め、多様な分野について学ぶことにより、 幅広い教養を身につけます。同時に、学類独自の専門科目が数学、物理学、 計算科学に関して用意されており、共通教育科目での数学・物理学の授業を 補うようになっています。

 2年進級以降は、数学、物理学、計算科学を専攻する上で必須となる専門 科目をコースに分かれて学ぶことにより、高度な専門的能力を身につけて いくことになります。自分の適性にあわせて、3年次以降にコースを 変更することも可能です。数物科学類の専門科目は、全て学類共通科目に なっています。各自が所属するコースや教育プログラムの必修科目に ついての要件を満たせば、自分の興味や将来設計に合わせて、どの科目でも 履修することができます。

ページのトップへ